ニュースを見て思った事・・・。

最近のニュースで、今年の一文字の「北」の文字について説明があっていた。まず、「北」という文字が選ばれた理由は、前回も入力しましたが、「北朝鮮」、「九州北部豪雨」の事から「北」という文字を取ったという話でした。また字の作りの意味も報道していた。その「北」という字の作りの意味は、「人と人が背を合わせあっている。」という事だった。瞬間的に聞いたら、「仲が悪い」ようなイメージが私は捉えましたが、そのテレビでは、「支え合い」というように言っていた。「なるほどなぁ・・・。」と思いました。見方の違いによって感じ方は変わるので、言葉や字は難しいと思った。思えば、私もこのような経験をしました。メールで打った内容も「何で・・・。」と打った時があり「怒っているの・・・?」という質問を返されたときに、「何故・・・。」と思った時が何度もありました。その後にお詫びの電話を入れたら、その場はうまく収まりましたが、電話が良い時とメールが良い時とあるので気を付けようと思い勉強になりました。この経験により自分が成長できたので嬉しかったです。また、慣れるまで言葉を選びながら話すのでとても難しく感じます。ニュースを見ていて「すごいなぁ。」と思ったのが、留学や海外の方が日本に仕事をするのに自分で本やテープレコーダーなどを使って勉強している事です。そのような環境でも成長できるのだから、恵まれている日本なので、「もっと頑張らなくては・・・。」と思いました。

昨日、行った事・・・。

で最後となる「スペースワールド」という遊園地に行った。昨日、行ったので閉館14日前だった。その「スペースワールド」は、「海沿いにあるので、風が強いかなぁ。」と思いましたが、風は強くなかったので、予想していたよりも、そこまで寒くはなかった。「スペースワールド」は北九州市という場所にあり、福岡市からは離れた場所にある。なので、車では1時間ぐらいかかります。電車を使っても1時間かかります。「スペースワールド駅」という駅もあるので、その「スペースワールド駅」も名前も無くなると思い、思い出を残すために、車ではなく久しぶりに電車を使って行った。早めに「スペースワールド」に着いたので、時間があった。時間があったので、「スペースワールド」の近くに「官営八幡製鉄所」があり、見に行った。「官営八幡製鉄所」は「世界遺産」に登録された場所です。明治時代に建てられたもので、「空襲などもがあったが、崩れた話がない。」という事をガイドの方に聞き驚いた。話は「スペースワールド」に戻りますが、私は27年前のオープン当時も行っており、楽しい思い出があるので、「スペースワールド」が無くなることは、とても寂しい気持ちがいっぱいでした。最近の「スペースワールド」のCMでもあっていますが「地面にチョークを使ってメッセージを残してあったので、私も『スペースワールド思い出をありがとう』と書き残した。」

久しぶりに実家に里帰り

先週、久しぶりに実家に帰りました。主人が仕事の研修のため、家を数日開けてしまうので実家に帰ったら?と言ってくれたのです。

今住んでいる家から実家までは電車に乗って1時間くらいなので少し遠いのですが、実家でゆっくりするのもいいなと思い帰りました。

駅まで母が迎えに来てくれて、荷物を置いてからさっそくお昼ご飯を作ってもらいました。

普段は自分で作らないといけないので。誰かに作ってもらうということがとても久しぶりでした。実家には炬燵があったので、こたつでむくむくと温まりました。

やっぱり実家に帰るとだらだらな自分が出来上がってしまいますね。

夕飯は父と母と食べたのですが、私は帰ってくるということがとてもうれしかったのか、コンビニでジュースやお菓子などをたくさん買い込んで帰ってきました。

数日間実家に泊まり、いよいよ帰る日になりました。

家に帰るときも母が送ってくれました。その時は私の住んでいるところの最寄り駅まで来てくれました。

その途中でショッピングモールがある駅に途中下車し、お昼ご飯と夕飯を食べました。

家に帰ると久しぶりの我が家に実家とは違うほっとした気持ちになりました。

実家もいいけれど我が家も落ち着くな。そう改めて感じました。

>>実家に帰ったらあった宝の山!!着物高価買取の秘訣を知れば大儲けできるかも