雑談と血糖値

そういえば、今朝、父が怒っていったのでした。
これ踏むと痛いから危ないだろうと、それってインシュリンの針が入った袋なのでした。
なんとなく、インシュリンの針が足下に刺さったように誤解されていそうですが、実際はそうではなくて、あれが一個転がっていて、踏むと確かに痛いというのはあります。
で、その時父に渡されたのは、何も入っていない袋だったのでした。

よく分からない言動ですけれど、まあ父の考えを息子が理解出来るわけはなく、それでいいかと思ったのでした。
内科でインシュリンをもらってくると、大体、針まで渡されるのですが、明らかに単位数より、針の方が増えていくというのもあって、困ってしまいます。
針が多くてもと思いながら、片付けている内に、針箱の山になってしまうのでした。

で、父がとった策というのがけちるために、針の量を減らす、というものですが、料金として大して下がりません。
余計ですが、インシュリンの針より、任意整理をサラ金からした方が正解といえるでしょう。
などと思いながら、足下が痛くなってきて、やっぱり末梢神経に来ているのだと思うのでした。

はっきり言って、血糖値を常に120くらいに持って行けたら、医者いらずでしょうね。
どう頑張っても、血糖値を同じ数値は無理ですから。z

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です